事故時の対応や補償

レッカー車での移動は、○kmまで無料という形で、基本距離によって変わります。この距離が保険会社によってまちまちでちょっと注意をしなければなりません。100kmまでというところもあるようですし、15kmという短いところもあります。

しかし、どのようなものがお得なのかというものの、実際にどのような場所で、レッカー移動を必要としているかに関わる問題であり、一概には、 100kmだからいいとはいうことが出来ない問題かもしれません。

ロードサービスのレッカー移動という場合は、保険会社の提携の修理業者により、私達が自由に選ぶことができませんから、なおさら距離がはっきりと把握出来ないというのが実状です。でも、結局は備えあれば憂いなしということで、長いに越したことはない訳ですが。

帰宅費用、宿泊費サービスの補償というのは、補償してない会社もありますので、比較をしっかりして選択をするようにしてください。本当に比較をすれば、これほどまでに違うということも良く分かってくるはずです。

いざという時に、このようなサービスを利用するものなのですが、いざという時は必ず来ると思って、慎重に選択をするべきではないでしょうか。自動車保険は事故時の対応や補償内容が一番大切なのです。

ロードサービス比較

保険会社に連絡すれば、最寄りの修理工場などまで、レッカー移動してもらうことが出来ます。しかし、クルマが故障して動かないなら、それだけの問題ではなくて、運転している人たちの移動の問題も今後考えていかなければなりませんし。

クルマが故障をすれば、 公共の交通機関を利用して移動をしなければなりません。遠方で、そのような状態になってしまえば、今日のうちに自宅へ帰ることが出来なくなってしまうかもしれません。

しかし、ロードサービスでは、宿泊先を手配してもらうことが出来たり、帰宅に要した交通費を補償してもらうことも出来るかもしれません。 そして、そのようなケースで、保険会社を利用しようが等級のことなど全然気にする必要がないというのが、大きなメリットです。

しかし、保険会社にはいろいろなロードサービスがあり、どの保険会社を選択していいかということも全然判らない問題を抱えています。特にロードサービスで差がつくところといえば、ガス欠の時であり、そのような場合、給油サービスは無料でやってもらえる場合があり、そのとき、10リットルまで無料というケースが多いようですが、ガソリン代の実費が必要だという場合もあります。保険期間中に1回だけという場合もありますし、ちょっと注意が必要です。

トラブルへの対応

車の牽引移動の場合、レッカー会社を呼ぶというのが当たり前の認識かもしれません。しかし、その時保険会社の、ロードサービスをも注目してみましょうよ。ロードサービスでは、出先でガス欠や脱輪したとき、クルマのキーの閉じ込みなどのトラブルにあってしまったとき、更にガソリンを届けてくれたり、レッカー車が来てくれたりと、かなり有効的に利用出来るものなのです。

いろいろな自動車保険についていたりして、内容も様々であり、だから今ひとつ判らないという人たちもいらっしゃるのかもしれません。ロードサービスでしてくれることは、大きく分類すれば、車両のトラブルへの対応であり、 事故で帰宅できなくなったときの対応であり、レッカー移動です。

参考資料 > 運送の事故・故障のレッカーサービスならファーストコール24

具体的に、車両のトラブルへの対応で何をしてくれるのかといえば、パンク、脱輪、ガス欠、バッテリーあがり、キー閉じ込みが起こったり、冷却水不足やら、オイル漏れなどの対応です。

そのような事態になれば、すぐに保険会社に連絡をすれば良いのです。提携している業者の人間が現場まで駆けつけてくれて対応してくれることになります。そしてクルマが故障してどうしようもないというとき、レッカー車を手配してもらうことも出来ます。最寄りの修理工場などまで、レッカー移動します。